TOP > 弁護士紹介 > 加藤 幸雄

弁護士紹介

これまでの経験を活かし、適切な助言をしたり、若い法曹との勉強会を行うなどして、法的サービスの充実に貢献できればと思います。客員弁護士 加藤 幸雄

愛知県弁護士会所属 登録年(平成28年)

経歴

名古屋大学法学部、同大学院法学研究科修士卒業
1977年 名古屋地裁判事補
1980年 神戸地家裁姫路支部判事補
1980年 神戸地家裁姫路支部判事補・姫路簡裁判事
1983年 東京地家裁八王子支部判事補・八王子簡裁判事
1986年 名古屋地家裁判事補・名古屋簡裁判事
1986年 名古屋地裁判事
1989年 金沢地家裁判事
1992年 司法研修所教官(東京地裁判事)
1996年 名古屋高裁判事
1997年 名古屋高裁事務局長
2001年 名古屋地裁部総括判事
2007年 那覇家裁所長
2008年 金沢地裁所長
2011年 名古屋家裁所長
2012年 名古屋高裁部総括判事
2013年 名古屋地裁所長・名古屋簡裁判事
2015年 定年退官
2016年 弁護士登録
2016年 片岡法律事務所入所

弁護士からのメッセージ
この度、畏友片岡信恒先生の主宰する片岡法律事務所に入所することになりました。
片岡先生とは、大学、大学院、司法研修所の各課程を共に過ごし、かねてよりその円満な人格と識見の高さに敬意を抱いていた間柄であります。もっとも、実務法曹としての第一歩を踏み出した時点で、片岡先生は在野法曹へ、私は裁判官へと進路を異にしましたが、私が愛知県出身であり、名古屋の裁判所を中心として勤務を続けたこともあって、その後も友人としての交流は絶えることがありませんでした。 そのような経緯で、今回、定年後は片岡法律事務所への入所を歓迎するとの意向を示していただいたことから、その御厚意に甘えることとした次第であります。

私の経歴ですが、昭和52年4月、名古屋地裁判事補として任官して以来、昨年12月の定年までの39年弱の殆どを、民事系裁判官として過ごしてきました。
勤務地は、名古屋、姫路、八王子、金沢、東京などであり、司法研修所の民事裁判教官司法試験委員を兼務)として若い法曹の養成に従事したこともあります。
中でも名古屋の高裁、地裁、家裁の3庁の通算勤務期間は22年弱に及んでおり、とりわけ名古屋地裁の裁判長としての6年間と名古屋高裁の裁判長としての1年4か月は大変充実したものでした。
平成19年以降は、管理職としての仕事が多くなり、那覇家裁、金沢地裁、名古屋家裁で所長を務めたほか、最終ポストは名古屋地裁所長として後進の指導等に従事していました。

裁判官時代は、民事事件一般を扱っていましたが、特に行政事件医事事件については専門部の裁判長として事件処理に当たり、また、相続事件や離婚事件についても数多く担当しました。
もちろん、裁判官と弁護士とでは、事件に対する視点や思考が同じとは限りませんが、片岡法律事務所では、これまでの経験を活かし、適切な助言をしたり、若い法曹との勉強会を行うなどして、法的サービスの充実に貢献できればと考えています。
弁護士としては駆け出しでありますが、皆様におかれては、よろしく御交誼のほど、お願い申し上げます。



相続についてご相談ください

相続・遺言トラブルに関するご相談は、
初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お電話:052-231-1706FAX:052-204-1633

ページトップへ

相続相談票pdfダウンロード