TOP > 亡くなられた方・遺言をのこす方が

不動産を多数お持ちの資産家

不動産の相続には特有の問題があります

不動産を多数お持ちの方が亡くなられた場合に、どの不動産を相続するかは非常に重要な問題です。 不動産が宅地であればよいのですが、農地のように相続しても農家にしか売ることができない土地もあります。
また、他人に貸している土地や建物の価値は、貸していないものに比べて、価値はかなり減少します。

亡くなった方が、生前に不動産を他の相続人に既にあげてしまっていること(生前贈与)もよくあることです。このような場合には、特別受益を主張して、もらった他の相続人の相続分を減らす(自分の相続分を増やす)ことが必要になってきます。
逆に、亡くなった方からただで土地や建物を借りていたりすると、他の相続人から、これまでの使用料(賃料)を請求されたり、明け渡しを迫られたりすることもあります。

事前の準備が大切です

不動産を多数お持ちの方が生前贈与していたかどうかを、死後に調べても、分からないことがあります。
不動産の所在地を早い段階で知っておくなど、生前からの準備が必要不可欠といえます。
自分が使用しており、今後の生活や会社経営に不可欠な不動産については、遺言をのこしてもらうなどの、対策を講じておくことが重要です。

不動産の相続に強い弁護士に依頼する必要があります

当事務所は、不動産に生じる様々な法律問題への対応の経験が豊富であり、これらの問題に対して積極的に取り組んでいくことが可能です。
また、税理士・不動産鑑定士・司法書士と提携して資産の有効活用をご提案することも可能です。

事務所の連絡先はこちら

資産家の相続に関するよくある質問

その他のタイプの相続を見る

  • 会社経営者
  • 開業医・医療法人経営者
  • 在日韓国人 etc
  • 不動産を多数お持ちの資産家

相続についてご相談ください

相続・遺言トラブルに関するご相談は、
初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お電話:052-231-1706FAX:052-204-1633

ページトップへ

相続相談票pdfダウンロード