TOP > 相続問題解決事例 > 遺留分

相続問題解決事例

相続問題解決事例

【遺留分】遺留分減殺請求を行い、5000万円の代償金を得ることができた事例

依頼者:長男(40代)
相手方:二男(40代)

事案内容(相談までの背景)
相談者の父は、東北地方で農家を営んでおり、広大な土地を所有していました。
その父が死亡し、相続人は長男と二男の二人だけでしたが、公正証書遺言で二男が全ての財産を相続させるということとなっていました。
あまりに不公平であるということでご相談にみえました。

 

問題点
遺留分は当然認められるとしても、それを現金で早期に取得することは簡単ではありません。
 

解決内容
まずは、相手方が開示した財産について過去5年に遡って不正な出金が無いか調査しました。そうしたところ、死亡直前に600万円程の使途不明金があることが判明しました。この分を追加し、遺留分を5000万円と合意しました。
 
その上で、支払時期を半年以内として、現金で5000万円を支払うよう、二男との間で合意を成立させました。

 

bengosi解決のポイント(所感)
遺留分減殺請求は、もめると大変面倒な事件となります。
 
というのも、訴訟になった場合、各不動産に遺留分割合の登記ができるだけで、現金化するのは至極難しく、時間と手間がかかるからです。
 
なるべく短期間のうちに現金化しようとする場合は、上手に交渉をまとめる必要が生じます。

遺留分」カテゴリーの他の質問はこちら

相続についてご相談ください

相続・遺言トラブルに関するご相談は、
初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お電話:052-231-1706FAX:052-204-1633

相続問題解決事例

当事務所の特徴

事件処理方針

相続相談票

遺産分割協議書のひな型

お客様の声

マンガでわかる相続相談

相続・遺言トラブルに関するご相談は初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

※上記割引金額が適用されない場合
・大垣での相談
・当事者に外国人が含まれる場合
(専門的な相談となるため)

052-231-1706

相談の流れはこちら

お問い合わせフォーム

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

経営者のための労働審判・団体交渉

公式facebook

相続相談票pdfダウンロード