TOP > 相続問題解決事例 > 資産家

相続問題解決事例

相続問題解決事例

【資産家】資産家で会社経営者の遺言書作成

jirei_img2従業員30名ほどの会社を経営するAさんは御年80歳ですが、現在も会社の運営に関与しバリバリと働いていらっしゃいます。Aさんは最近大病したこともあり、自分が亡くなった後の会社運営が混乱しないようにしたい、ということで当事務所に相談がありました(何十もの不動産もお持ちだったため、その行く末もご心配でした。)。

 

会社の株式は、亡くなられた時点で誰のものにするか決めておかないと、株主権の行使ができず、会社の運営がストップすることがあります。そのため、本件では公正証書遺言を作成し、
1.後継者となるお子さんに株式を単独相続させること、
2.万が一そのお子さんが先に死亡した場合には、そのお孫さんに株式を相続させること、
を定めました。
あわせて、遺留分に関する紛争が生じないよう、
3.不動産については、一部を各相続人に遺留分の分だけ相続させ、残りすべてを後継者に相続させること、
を定めました。

 

Aさんが亡くなった後も、このような公正証書遺言を作成していたことで、会社をスムースに次代に引き継がせるとともに、遺留分の問題が発生しないように不動産を各相続人に分配することができました。

 

適切な遺言を作成することで、相続人間の紛争の芽をつむことができました。現在も会社は順調のようです。

資産家」カテゴリーの他の質問はこちら

相続についてご相談ください

相続・遺言トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)ぜひご活用ください!

お電話:052-231-1706FAX:052-204-1633

相続問題解決事例

当事務所の特徴

事件処理方針

相続相談票

遺産分割協議書のひな型

お客様の声

マンガでわかる相続相談

相続・遺言トラブルのご相談は面談での相談60分(通常10000円)が初回のみ3000円になります

※上記割引金額が適用されない場合
・大垣での相談
・当事者に外国人が含まれる場合
(専門的な相談となるため)

052-231-1706

相談の流れはこちら

お問い合わせフォーム

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

経営者のための労働審判・団体交渉

公式facebook

相続相談票pdfダウンロード