TOP > 相続問題解決事例 > 寄与分

相続問題解決事例

相続問題解決事例

【寄与分】お父さんへの介護が寄与分として評価してもらえました

依頼者:長女(40歳代、会社員)
相手方:長男の子供(被相続人からすると、孫。長男は既に死亡。)

事案内容(相談までの背景)
長女としては長男の子供達との話し合いで遺産分割協議をしたかったのですが、子供達が感情的になり、遺産分割調停を申し立てられました。
長女は、被相続人(父親)の生前、ほぼ毎日病院に見舞いに行ったり、空き屋となった実家を掃除したりして、2年にわたって懸命に介護しました。しかし、長男の子供達は一切長女の寄与を評価しませんでした。

そこで、長女から当事務所に相談があり、依頼を受けることになりました。

 

解決内容
家庭裁判所の調停で、長女の寄与の具体的内容(介護の状況や様々な支出、掃除、そしてこれらの頻度)を主張すると共に、これを裏付ける日記や病院の看護記録や面会簿を取り寄せ、立証しました。
裁判所からは、この内容では寄与分を認めることは難しいが、相当長女側の貢献があったと評価してもらい、相手方に対して、寄与分に相当する金額を譲歩するよう、説得してもらい、約100万円ほど長女側の取得額が増加しました。

 

bengosi解決のポイント(所感)
一般に寄与分の成立は非常に難しいため、このような労苦に報いるためには、事前に遺言をしておいてもらうべきでした。
とはいえ、本件のように裁判所の心を動かすことも不可能ではありませんから、諦めずに寄与分の主張をするべきだと思います。

 

 

寄与分」カテゴリーの他の質問はこちら

相続についてご相談ください

相続・遺言トラブルに関するご相談は、
初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

お電話:052-231-1706FAX:052-204-1633

相続問題解決事例

当事務所の特徴

事件処理方針

相続相談票

遺産分割協議書のひな型

お客様の声

マンガでわかる相続相談

相続・遺言トラブルに関するご相談は初回30分無料です。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

※上記割引金額が適用されない場合
・大垣での相談
・当事者に外国人が含まれる場合
(専門的な相談となるため)

052-231-1706

相談の流れはこちら

お問い合わせフォーム

片岡法律事務所

名古屋離婚解決ネット

経営者のための労働審判・団体交渉

公式facebook

相続相談票pdfダウンロード